本文へスキップ
ホーム 英語授業関連 英語プロフェッショナル
養成コース
学習サポート 発行物 研修・セミナー 教員

教職員英語研修レポート

  • 戻る(研修・セミナーのページへ)
平成27年度後期研修(11月〜1月開催) レポート
 
毎期恒例の、EEC主催による教職員英語研修が開催されました。



英会話中級コース 
"Active English Discussion" 
(講師:Megan Ellis先生)

今回の講師は、英語教育センター助教のメガン・エリス先生です。
オーストラリアはブリスベン出身のメグ先生。
よく通る声で表情豊かにはきはきと喋る、とても明るい先生です。
顔全体・からだ全体を使って話すその表現力は、女優さながら!

英語学習者の共通のお悩みは、「話す場がほしい!」ということ。ラジオやテレビの語学講座で文法やリスニング、発音の練習はできても、そのスキルを発揮できる会話の場となると、なかなか見つけられません。
今回はそんなみなさんのために、"Active English Discussion"と題した研修が開催されました。英語でたくさん話し合うことが、今回の主眼です。
話し合いに大切なのは、会話を短く終わらせてしまわないこと。そのために、対話を発展させるのに必要な表現やスキルを学びます。
質問にYes/Noだけで答えるのではなく、その後にすかさず自分の意見を続けていくべきこと、賛成意見・反対意見の提示に役立つフレーズなど、ちょっとしたコツをまず教わります。
そして、メインはペアの相手との対話です。
研修では毎回異なるテーマが準備されています。まずクラスの最初にその日のキーワードが提示され、テーマに関する資料をひととおり見て知識を得た後、自分の意見を相手とやりとりしていきます。取り上げられたトピックは、環境問題、子どものしつけ、言い伝え、タブーとみなされる話題、などなど。
会話が続くか心配になっても大丈夫。ペアワークの間、メグ先生がまんべんなくペアの間を回って、会話にそれとなく参入したり、わいてきた質問に答えたり、派生した話題につきあってくれたりします。ペアを回っている間にキーとなる質問や話題が発生すると、クラス全体で共有できるよう、クラスの後半の時間に教えてくれます。
疑問が湧いても、質問の機会を逸してしまってそのままになってしまう…というのはよくある失敗かもしれませんが、メグ先生の研修ではそんな心配は必要ありません。質問はいつでも大歓迎で、何でも答えてくれ、しかも明快で分かりやすい回答をいつも返してくれました。
参加者にとって非常に満足度の高い研修となったようです。
【参加者の感想】
●「ひとつのテーマを通して、国によって考え方の違いや、文化の違いを改めて考える機会になりました」
●「非母語話者にありがちな間違いについて、それを英語母語話者はどう感じ、正しくはどう表現するべきなのか、という、母語話者からしか見えない観点についてポイントを押さえながら盛り込んでくださいました。…本当に得るところが大きいと感じた研修でした」


 参加人数  20名  リピーターの
 割合
 約45%  出席率  皆勤賞
 0人
 8割以上出席
 8人