本文へスキップ
ホーム 英語授業関連 英語プロフェッショナル
養成コース
学習サポート 発行物 研修・セミナー 教員

教職員英語研修レポート

  • 戻る(研修・セミナーのページへ)
平成26年度前期研修(5月〜7月開催) レポート
 
毎期恒例の、EEC主催による教職員英語研修が開催されました。


《Aコース》
アルクネットアカデミーソフト利用による自習形式
(単語道場/TOEIC/技術英語/医学英語 の各コース)


 参加人数   21名  初参加者の
 割合
 約71%  学習時間記録上位者の
 記録時間数
 1位  36時間 
 2位  約33時間
 参加者の声 ●「さまざまなテーマに関する英文を聴いたり読んだりできたので、飽きずに学習することができました。…(中略)…一つのユニットが適度な長さなので、勉強しやすいと思いました」
●「英語から離れて長い時間が経過しており、どこかで英語の勉強がしたいと思っていたところ、良いタイミングでこの研修の紹介があり、その欲を満たすことができた研修でした。難易度としては難しかったところが多かったですが、学生時代に学んだことを少しは掘り起こすことができたかと思います」


《Bコース》
英会話初級コース 「お楽しみ英語塾」 
(講師:川畑 由美子先生)

今回の講師は、英語研修初担当の川畑由美子先生。
教職員向けの研修は初めてですが、学生向けの授業外講座『やり直し英語塾』の講師としては常連の先生です。
英語が大好きで、教えることも大好きな川畑先生。
楽しい『英語塾』が期待できそうです!

今回の研修のテーマは、「楽しみながら、忘れかけた英語を学んでみませんか?」です。

英語が得意だった人にも、苦手だった人にも、ゲーム感覚で楽しく英語に触れてみてほしい、ということから、『お楽しみ英語塾』と名付けられました。

毎回、二人組で会話やワークを進めていくのですが、レッスン初めのペア作りの段階からすでにゲーム形式になっています。しかも、英語がふんだんに学べるゲームです。

カタカナ言葉と正しい英語のカード合わせゲームや、接続詞でつながる文章の前半と後半を組み合わせるゲームなど、毎回工夫が凝らされています。
ペアワークの内容はさまざま。
前回学んだストーリーを思い出しながら話し合ったり、プリントなしでストーリーを聞いて聞き取れた内容を確認したり、ペアで英作文をしてできあがったものを発表したり。

いろんな感覚・能力を稼働させて、英語を学んでいきます。


       (写真は発表の場面)
やさしい教材が準備されているとはいえ、しばらくぶりに英語を話すとなると、すんなりとは口から出てこないものです。

そんな参加者のニーズに応えて、簡単な文法の復習のレッスンも設けられました。
その他、先生おすすめの英語教材や洋画を紹介してもらったり、洋楽の合唱や英語落語を楽しんだり、早口言葉に挑戦してみたり。
いま話題の、映画『アナと雪の女王』の主題歌"Let It Go"の歌詞も紹介してくれました。

本当にお楽しみいっぱいの、堅苦しさとは無縁の「英語塾」でした!
【参加者の感想】
●「英語落語によるユーモアやカタカナ言葉と英語の対比、文法、映画音楽など、リラックスしながら継続できる英語学習のコツを学ぶことができました」
●「『やり直し英語塾』ということで、幼稚園児だと思って英語を話してくださいと最初に(先生が)おっしゃっていたので、恥ずかしくてもとにかく英語を話すことができました」


 Bコース
 参加人数
 17名  リピーター率  約73%  出席率  皆勤賞
 5人
 8割以上出席
 13人(皆勤者も含む)